沖縄県立与勝高等学校

学校案内

教 育 方 針

 

自ら学び、自ら考える力や思いやりのある豊かな人間性を身につけ、社会に貢献できる人材を育成する。


校 訓
自主:自ら目標を持ち、主体的に物事を判断し、責任を持って行動できる能力を育成する。

創造:物事に対し問題意識を持ち、科学的に思考し、創意工夫して解決する能力を育成する。

誠実:真心で思いやりのある、豊かな人間性を育成する。

Ⅰ.教育目標

 学校教育法、本県教育施策、校訓等に基づき、次のような目標を設定しその達成に努める。

1 「確かな学力」を定着させ、個々の希望進路を実現する。

 2 勤労を重んずる態度や協調の精神を培い、健康で心豊かな人間性を育成する。

 3 創造性に富み、情報化・国際化へ対応できる生徒の育成を図る。

 

Ⅱ.経営方針

一人一人の生徒を大切にし、その個性や能力を伸ばすとともに「確かな学力」の定着を図る。

 2 勉学とともに部活動、生徒会活動、国際理解等の文化的な活動を体験的に行い、生徒一人一人に実践的な社会スキルの定着を図る。

 3 校内環境緑化・美化活動等に積極的に参加できる生徒を育み、情緒豊かで潤いのある学校づくりに努める。

 4 地域や県民の信頼に応える中高一貫教育校を目指し、中学校3年の取組の上に3年先の進路を見通した教育活動を行い、生徒の個性を活かせる学校づくりに努める。

 5 情報の共有化、職員の共通理解・協働体制のもと、組織的、機動的な学校運営に努める。

 6 職員・生徒・保護者それぞれがお互いを尊重し合い、教育目標の具現化に向けて共に努力する。

7 情報公開に務め、PTAや同窓会等と連携し、地域に開かれた学校づくりを推進する。

 

Ⅲ.本年度の具体的目標

 1 生徒の実態を踏まえ、基礎・基本の確実な定着を図るため、授業を工夫し展開する。

 2 主体的に進路の早期決定ができるよう、3年間を見据えた体系的な進路指導の充実に努める。

 3 基本的な生活習慣を確立させ、自ら責任ある行動がとれるような生徒指導の充実に取り組む。

 4 中高一貫教育校としての特色ある教育課程の編成、並びに教科、行事、部活動等中高の接続を確立する。

 5 進路決定率特に大学進学率の向上と中途退学者の改善に取り組む。

 6 学習環境並びに諸施設・設備の整備を計画的に進める。

7 HPや学校通信等で学校の教育活動に関する情報公開、第55回九州地区高等学校PTA連合大会沖縄大会への協力、地域貢献やボランティア活動等  を推進する。

Topに戻る

学校評価