沖縄県立与勝高等学校

校長より

令和5年度与勝緑が丘中学校・与勝高等学校の校長へ就任いたしました、石垣忍(いしがき しのぶ)と申します。与勝高校は、昭和55年に開校し、今年で44年目を迎え、与勝緑が丘中学校は、県立学校初の中高一貫教育、県立中学校として平成19年度に開校し、17年目を迎えます。県内では歴史の浅い若い学校でありますが、伝統校に負けない実績と校風を誇っており、地域の拠点校として伝統は確実に育まれ、着実に発展・進化しております。

 与勝緑が丘中学校の生徒達は、勉強や部活だけでなく学校行事にも熱心に取り組み、明るい雰囲気で学校生活を送っています。令和4年度からは本校中高一貫校の特色を生かして中学校1,2年生へ与勝高校の先輩から苦手な分野を個別にやさしく丁寧に教えてもらうピアチューター制度を取り入れました。そのほか各種検定にも積極的にチャレンジする生徒が多く、英語検定、数学検定、漢字検定等に多数の合格者を出しています。

また、高校生も陸上部、水泳部、女子柔道部が躍動し、県内上位の成績をおさめ県代表として派遣されています。さらに県が主催する「おきなわ国際協力人材育成事業」や「グローバル・リーダー育成海外短期研修事業海外雄飛プログラム」などによりラオスやハワイ・中国といった国々へ派遣されています。

そして、おなじみの生徒会主催の「おそうじ大会」も健在で、校内美化・緑化にも力を入れています。このように本校は生徒・職員が一丸となり、さらに高みを目指す雰囲気の中で学べる学校です。

今年度も、校訓「自主・創造・誠実」の下、先達の築いた伝統を礎に文武両道を実践し、これからの時代に求められる幅広い知識・技能及び行動力と豊かな人間性を備えた人材を育成してまいります。また、保護者、同窓会、地域の皆様及び関係機関等のご支援ご協力のもと、本校のさらなる発展のために誠心誠意取り組んで参ります。

令和5年4月1日

沖縄県立与勝緑が丘中学校・与勝高等学校
 校長 石垣 忍

「校長だより」